社会福祉法人こーぷ福祉会

こーぷ福祉会とは

高齢者とそのご家族の皆様を笑顔でサポートいたします。

社会福祉法人 こーぷ福祉会の設立

“こーぷ福祉会”は、みやぎ生協メンバーからの「生協の福祉施設があったらいいのに」というたくさんの声と、みやぎ生協の福祉に対する理念が一緒になって1999年2月に設立されました。

社会福祉法人の設立にあたってみやぎ生協では、福祉施設事業積立金から1億円の寄付と所有地を無償貸与することを98年の第17回総代会で決定し、青葉区桜ヶ丘(桜ヶ丘店向い)に2階建ての施設がつくられました。そして、99年3月25日、こーぷ福祉会の最初の事業として、「こ~ぷのお家桜ヶ丘・桜ヶ丘デイサービスセンター」がサービスを開始し現在に至っています。

こーぷ福祉会の理念

社会福祉法人こーぷ福祉会は、生協の原点である「一人は万人のために、万人は一人のために」のスローガンを実践する場所として生まれました。あくまでも「利用者の立場にたったサービスの提供」をモットーに、在宅介護を支援する複合的な機能を備えた施設を拠点に、高齢者とそのご家族をトータルにサポートいたします。

またボランティアなど、地域の皆様の参加も積極的に呼びかけ、人と人のふれあいを通じて優しさと思いやりをもった人づくりのお手伝いなど、より豊かな地域社会の実現に向け、役立ちたいと考えております。

社会福祉法人こーぷ福祉会「基本理念」

  1. 心豊かで健やかな暮らしのお手伝い
  2. 優しさと思いやりを持った人づくりのお手伝い
  3. ふれあいとぬくもりのあるまちづくりのお手伝い

後援会・ボランティアの皆様と一緒に・・・

こーぷ福祉会の大きな特徴は、たくさんのみなさんにささえられていること。200名におよぶ後援会のみなさん、年間2千人のボランティアのみなさん、地域の町内会や老人クラブをはじめ幼稚園児から大学生のみなさんなど、実にたくさんのあたたかい心と活動をお寄せいただいています。このみなさんの支えをいただけるのも、こーぷ福祉会の理念の実践を通してのこと。

これからも、みなさんとご一緒に、事業と活動をすすめてまいります。

事業報告

2016年度事業計画
2016年度事業方針・2015年度事業報告 (PDF:2.3MB)
2015年度事業計画
2015年度事業方針・2014年度事業報告 (PDF:505KB)
2014年度事業計画
2014年度事業方針・2013年度事業報告 (PDF:561KB)